翻訳絵本『はじめての発見』シリーズ
Die kleine Kinderbibliothek
手塚千史の翻訳絵本
『はじめての発見』シリーズ
未来の社会を担う子どもたちに、今、最も求められるのは豊かな想像力、心の栄養を蓄えること、美しいものを体験すること、自発的な学習、コミュニケーション力ではないでしょうか。そのすべてを実現する、フランス・ガリマール・ジュネス社の『はじめての発見』シリーズが本格的に日本上陸。子どもたちがはじめて出会う世界を、ジャンル別にイラストで表現しています。

美しくてリアル。透明フィルムをめくるたびに驚きを演出
絵本の中にはさみこまれた透明フィルムのページをめくると、イラストが一変して、思いがけない世界が現れます。お子さまの積極的な本への参加を促す画期的なアイディアが満載。今後も刊行される予定ですので、継続的な幼児・児童教育に最適です。

税込価格: 各¥1,296
3−7歳児対象
サイズ: 縦18cm×横16cm
オールカラー全36ページ(透明フィルム印刷12ページ含む)、上製コイル綴じ

翻訳: 手塚千史
出版: 岳陽舎 http://www.gakuyosha-p.co.jp/
商品の購入 
はじめての発見『音楽の本』 はじめての発見『スポーツの本』
音楽の本 スポーツの本
はじめての発見『ひこうきの本』 はじめての発見『でんしゃの本』
ひこうきの本 でんしゃの本
はじめての発見『かえるの本』 はじめての発見『川にすむ生き物の本』
かえるの本 川にすむ生き物の本
はじめての発見魚の本』 はじめての発見 たまごの本
魚の本 たまごの本
カテゴリー > 出版物
『エドワード・バッチ 魂の植物』
手塚千史の翻訳書籍
商品の購入 
 
 
書籍・CD-ROM・ビデオ
商品の購入